妻に勧められたプラセンタを飲む 口内炎

MENU

口腔内にも効果あり

体調がすぐれない僕は口腔内にも不安がたくさんあるんです。
その中での一番の悩みが口内炎です。
しょっちゅう口の中に口内炎ができてしまい、苦しんでいます。
というのも口内炎が口に1つならまだしも、口の中に1つ以上や、舌の裏側なんかにできてしまうことは多いのです。
だからこそ、しみないように食べたり、口内炎に当たらないようにはぶらしを動かしたりと苦労が絶えないのです。

 

同時にいくつもの口内炎ができてしまうので感覚的には毎回口内炎ができてしまっているような感じなのです。
「どうしてこんなに口内炎ができてしまうんだろう」と悩んでいる私に妻が「そんな時もプラセンタ効果だよ」と教えてくれたのです。

 

プラセンタ効果には口内炎を静める成分があると知ったのです。

 

そもそも口内炎はビタミン不足とよく言われています。
でもそれだけが原因ではないのです。
ストレスだったり、寝不足だったり、歯ブラシが当たったなどの外的刺激でも口内炎はできるのです。

 

ホルモンのバランスが崩れているのも口内炎の原因になるといえます。

 

口腔内はウイルスや細菌が繁殖しやすい場所でありそれを粘膜で守っているのですがこれらの理由が原因でその粘膜機能が弱ってしまったときに口内炎ができるのです。
治すためにはちみつを塗ったりしていましたが、それにはとてつもない苦痛が伴うのです。
はちみつがしみる、しみる、治るためといえどその痛さに僕はいつも絶句していました。
歯科医院に行っても「サホライド」という薬をちょんちょんと塗られるだけなのにそれが猛烈に痛い。
だからこそ口内炎ができる僕は嫌でしょうがないのです。

 

妻から勧められたプラセンタにはそんな口内炎ができにくい口腔内環境に導いてくれる効果があるのです。
まずはホルモンのバランスを整えてくれる効果です。
そしてストレスからも守ってくれるのです。
免疫力を高めてくれる効果もあるので細菌やウイルスに負けない強い環境づくりを促進してくれます。

 

やむなくできてしまった口内炎にはこれまたプラセンタ効果が発揮されるのです。
口内炎は口の中にできたいわば傷です。
プラセンタ効果には創傷の回復や、細胞の回復・再生があります。
これらの効果によって口内炎の治りが早くなり完治するということなのです。

 

さすがプラセンタ効果
妻に勧められたプラセンタは僕のさまざまな症状をよりよいほうへと導いてくれているのです。
女性だけの物じゃない、男性にも様々な健康効果・美容効果をもたらしてくれているプラセンタです。